NHKマスカラ徹底レッスン講師 山本浩未(やまもと ひろみ)

 NHKのきれいの魔法で見て、何て参考になる人なんだろう。と最近かなり気になっているのが
山本浩未さんです。

彼女の事は雑誌のメイク特集などで知ってはいましたが、名前をちらっと知っていた程度でそんなに詳しくは知りませんでしたが、今回かなり惚れました。 
そこでいろいろ本を読みあさり、ひろみさんのメイク術を研究しましたので記事にしておきます。
よかったらお気に入りやTwitter、Facebookでも話題にしてくださると私のやる気がちょっと上がります。

ナチュラルメイク術

 まつげメイクはつけまつげやエクステンションで盛るのが一時流行しましたが、今はナチュラルなまつげが好まれています。

ナチュラルなまつげとはどんなまつげでしょうか?

それは量にこだわらず、1本1本がしなやかでセパレートされて、美しい弓型のカーブを描いているものです。
このようなまつげを作るためにはアイテム選びやプロセスが大切になってきます。

まずは準備

 まず、ビューラーは実際に開閉をしてみて、ゴムの固さなどもチェックしてから購入しましょう。
鏡を斜め下に持ち、見下ろすように鏡を見て、顎は少し上げます。
中央のまつ毛を根本から真上へ数回に分けて上げます。次に目頭のまつ毛を根本から斜め上へ、目じりのまつ毛を根本から斜め外側へ。いずれも数回に分けて上げます。
一度で全部をあげるだけではきれいなまつ毛は完成しません。
下地は色々なものが出ているので、目的に合ったものを使用しましょう。
ブラシはスクリュー型が使いやすいとのこと。
細いものだとより使いやすいです。
コーム型の物の方がカール力は高いです。

ホットビューラーを使うコツ

マスカラは余分な液はティッシュでオフしてから使いましょう。
上まつ毛の中央→目頭→目尻の順で、根本で一呼吸おいて毛先へと塗ります。
下まつ毛はブラシを立てて、バランスをとるように毛先を使い塗ります。
塗ってまつ毛が半乾きの状態のままコームでとかし、余分な液をとりましょう。
ホットビューラーで上のまつ毛の根元→毛先、下まつ毛はバラすように整えましょう。
1日に2~3回塗りなおすときれいにもちます。

マツゲが薄い人

 まつ毛の少ない人はまつ毛の間を茶色のペンシルアイライナーで隙間を埋めましょう。
ボリューム不足を気にしている人は上のまつ毛の目尻側と下まつ毛にボリュームをつけましょう。

マスカラメイクをする人に揃えておいて欲しいアイテム

マスカラ
ひと塗りで目ヂカラ200%⇒芸能人マスカラ



まつげ美容液
1日2回⇒塗るだけフサフサまつ毛に変身


女子マストアイテム
メイクしたままスキンケア?

山本浩未(やまもと ひろみ)さんの書籍

 彼女の活躍は前にも述べたように雑誌で見かける事が多いですが、著書も数々あります。
資生堂美容学校を卒業後、資生堂ビューティークリエーション研究所を経て独立しただけあって、
実力は間違いありません。
テレビでもメイクのテクニックなどをモデルさんに施したりしているのをみますが、その技はとてもすばらしいものです。

山本浩未 Amazon通販

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る