崩れにくいファンデーション 夏のポイントメイク 岡野瑞恵(おかのたまえ)きれいの魔法NHK

 午後のメイク直しが1度で済まない季節がやってきましたね。
私もでかけるとついつい事あるごとにチェックしてしまいます。
どうしても暑くなると皮脂も多く出ますし、汗も湧き出るように出てくるので、
ファンデーションがヨレたりするのは仕方ありません。
私も先日夏用のファンデーションを買いに行ってきました。
その際、崩れにくくする方法などを聞いてきました。
美容部員さんは本当によく知っていますよね。
私も雑誌などで知識は増やしている方だとは思うのですが、やはり本職の方は違います。

崩れにくいポイントメイクのやり方

 ファンデーションもそうですが、ポイント的にも気になる所はあります。
まず、気にしていないけれど気付いた時にはとんでもない事になっているのがアイライン。
私はリキッドタイプを使用しているのですが、ウォータープルーフはこの季節には欠かせません。
その一つを使用するだけでかなり違います。
ウォータープルーフは使用したくないという人でリキッドを使用されている人なら、リキッドで引いたアイラインの上からペンシルやパウダーをのせる事をお勧めします。

 朝描いたらその後手をつけない確立のかなり高い眉毛。
鏡を見た時に眉尻がなかった事はありませんか?
ペンシルタイプを使用している人はその上に軽くアイシャドウやパウダーをのせておくと違いますよ。
 マスカラ。これがすぐにパンダちゃんになりますよね。
ウォータープルーフでもダメな時だって時々あります。
パンダちゃんになった時はお直し用の綿棒などを使用しましょう。
これはアイラインのお直しにも使えて重宝します。
そして気になるようなら一度マスカラを落としてしまうという手もあります。
しかし、基本的にはウォータープルーフを使用していれば大丈夫だと思います。
 食べたり飲んだりしただけでもお直しの必要なリップ。
これに関してはいつもの事なのでみなさん自分なりのお直し方法があるでしょう。
パウダーでおさえる。リップの輪郭をきちんとする。
これだけでもかなり持たせることができます。
そして一度塗った後のティッシュオフは必ずした方がいいですよ。

岡野瑞恵(おかのたまえ)

 お直しなどにも定評のある岡野瑞恵さんをご存じですか?
雑誌などでもよくお名前が載っています。
資生堂ビューティクリエーション研究所の出身で、広告や製品開発まで担当し、今では有名モデルさんやタレントさんからも指名が多い事で知られています。
彼女は的確な理論に基づくメイクテクニックとして有名です。
そのテクニックは若い女性から年配の女性まで参考に出来ることがたくさんあります。
 6月23日(土)夜9:00~9:55にNHKにて放送される“きれいの魔法”に岡野さんが出演されます。
今回のテーマはこれからの季節にピッタリなのでチェックしたいですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る