NHKためしてガッテン腰痛 椎間板ヘルニア治療 ストレス解消 牛田享宏

大抵の人が一度は悩まされる腰痛。

筋肉がこわばったりすることもあれば、鈍い痛みが走ったりすることもあり、数日で治ればまだしも、痛みが長期にわたって続くと、非常につらい日々を過ごさなければなりません。

その上、病院へ行って医者に診てもらっても、原因が分からないことがあり、病名が分かって治療を施してもなかなか効果を表さないことが少なくありません。

従来なら腰痛は、そのように治療の難しい病でしたが、現在では「腰痛治療には50年に1度と言われるほどの大発見」があり、その原因と治療法に次々と革命が起こっていることが、「NHKためしてガッテン」の放送で明らかになりました。

腰痛の原因

腰痛の原因としてよく知られる「椎間板ヘルニア」は、実を言うと、全く腰痛がない人にも約80パーセントに「椎間板変性」が見られる場合があり、一部には手術が必要なヘルニアもあるものの、手術でヘルニアを取り除いても腰痛が治るわけではないということが分かっています。

つまり、ヘルニアがあることが腰痛の原因ではなく、実際のところ腰痛の約85パーセントが原因不明であるというから驚きです。

そして、徐々に発覚してきた、気になる腰痛の原因を見ていくと、腰痛患者の多くは、脳の中の痛みを制御する「側坐核」という部位の活動が低下し、鎮痛物質の「オピノイド」が分泌されなくなったために、腰痛を激しく感じやすくなっているということです。つまり、痛みを感じ出すとそれを心配するためにストレスとなり、腰を気遣って運動を控えるためそれがまたストレスとなり、自分の抱える痛みを周囲に理解してもらえないことがさらなるストレスにつながり、脳の鎮痛作用が低下してさらに痛みが増すという「痛みの悪循環」が起きてしまうというのです。

しかしながら、ストレスが関連する腰痛の有効な治療法も分かってきており、自分の好きなことや好きなもの(食べ物・絵・音楽・におい)などを積極的に実生活に取り入れることで、ストレスによって機能低下してしまった「側坐核」が活性化し、鎮痛効果が高まるとされています。腰痛にお悩みの方は、痛みが引かないと悲嘆にくれるのではなく、自分の気分が上がるものを身の回りに置いて、できる範囲で自分の好きなことをしてみたり、適度な運動をとってみたりすれば、ストレスが軽減され、少しずつ腰痛が改善していくのではないかと思います。

牛田享宏牛田 享宏(うしだ・たかひろ)先生とは?

番組で解説をされた「牛田享宏」先生は、「愛知医科大学学際的痛みセンター」の教授を務め、整形外科(腰痛など特に運動器の痛み) を専門とされています。牛田先生は、腰痛に関する研究を他の番組などでも発表されているので、腰痛をお持ちの方は特に、今後注目されてみてはいかがでしょうか。きっとあなたのお悩みを解決に導く手助けとなってくれるはずです。

参照サイト
NHK 健康ホームページ出演専門医・専門家牛田 享宏

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る